専門機関でムダ毛の施術する人が増えてきています。医療脱毛とは医師が存在する機関において施術が行われます。主流となっているのはレーザーによる施術です。レーザー機器の扱いは医療行為になるからです。エステサロンには医師は存在しません。レーザーの使用はできません。エステ脱毛の主流となっているのは、フラッシュ、IPLなどの光による施術です。

レーザーと光、仕組みは似ています。脱毛したい箇所に照射することで、黒いメラニン色素に反応し、熱を起こし、その熱により毛の生える元にダメージを与えます。異なる点は出力パワーと得られる脱毛効果です。レーザーの場合、毛母細胞を破壊するほどのパワーがあります。毛の量や部位にもよりますが、およそ2カ月おきぐらいに通って、5~8回で完了できる人がほとんどといわれています。光脱毛の場合は、その倍以上かかるといわれています。

現在の永久脱毛の定義は、最後に施術を行ってから1ヵ月以内に生えてくる毛の再生率が20%以下ということになっていますが、それを謳えるのは、医療脱毛だけです。エステサロンでの施術では、減耗できるということにとどまります。何回通ってもなかなか効果があらわれない、ムダ毛がちょろちょろ生えてくる、という人は実際にいます。

ただ、レーザーの場合、パワーが強いことから施術時の痛みを強く感じる人が多いです。医療機関によっては痛みをあまり感じない機器も開発され、導入しているところもあります。医師の処方により、塗る麻酔薬や笑気ガスの麻酔が利用できる場合があります。

また、脱毛の満足度は人によって異なります。完全に毛が生えない状態を望む人、ムダ毛の処理が楽になる程度でも満足する人、人によって違うので、どちらが自分に合っているか考慮して選ぶことがおすすめです。

Comments are closed.